シングルリード用調整ツール
「ReedGeek "BlackDiamond G4 SP"」



リードの問題って色々ありますよね。 コシが強い、厚みが均等じゃない、サイドレールやティップレールと合ってない、などなど…。
そんな時にお勧めなのがこの 『リード・ギーク』。
『リード・ギーク“ブラックダイアモンド4G SP”』は3ヵ所に配置された刃を使い分け、リードの裏面・表面の凹凸、ティップ部分やサイドなどあらゆる箇所を細かく調整できます。リードは使用すると水分を含み、やがて乾くとリードの繊維が膨張することで表面に凹凸ができます。マウスピースのテーブルとリードの裏面が密着していない状態は、反応の鈍化やリードミスの原因になったりします。また、未使用のリードの左右の厚みのバランス、全体的な厚み、リードの硬さの細かな調整にも最適です。さらに、こちらの“G4 SP”は炭素バナジウムを含む新素材で作られ、ファイバーリードにも使用できるようになりました。

g4sp_03

1・スクレーパーラディアス

小さな弧を描いている刃は丸みを帯びた部分の細かな削りが可能。ハート部分や先端のティップなどに使用します。スティック型の消しゴムのように円を描くようにして少しずつ削ります。

g4sp_04

2・ベベルアジャスター

内側にえぐれた円弧になっているので丸みを帯びた部分の面積の広い切削に特化しています。両側についているので、押し引きどちらでも状況に合わせて削ることができます。ハート部分や角などに使用しやすいのがベベルアジャスターです。

g4sp_05

3・フラットサイド

リードの幅をマウスピースに合わせる場合や水を含んでデコボコした裏面を平らに削るときに使用します。マウスピースのテーブルと密着するように本体の重さを利用して力を入れずに削ります。リードの後ろから先端に向けて削るようにして下さい。ヒール面をきれいにするだけでも音色は変わります。


・ハート部の左右の厚みを均等にする。
・マウスピースとリードの幅をそろえる。
・裏面を調整してマウスピースのテーブルと密着。
 この3点を目標に削ってみよう!

使用上の注意

・スクレーパーラディアス、ベベルアジャスターは角度を20度程度傾けてご使用いただくと、えぐれずに削れます。
・リードの重量だけで充分に削れます、力の入れすぎによるケーンの破損にご注意ください。
・鋼で出来ております。乾燥した場所で、しっかりと水気をふき取った状態で保管して下さい。
・落としたり投げると危険ですのでおやめください。
・お子様の手の届かないところに保管して下さい。

■詳細■

モデル名:Black Diamond G4 SP
価格:10,000円(税別)
素材:炭化バナジウムを含む超硬質鋼
・ファイバーリードにも使用可能
・シングルリード用

▼ 商品に関するお問い合わせは

株式会社黒澤楽器店 管楽器卸営業部
Tel.03-5259-8193
E-mail.importwind@kurosawagakki.com